• ホーム
  • 中古ドメイン販売サイトで購入してみよう

中古ドメイン販売サイトで購入してみよう

中古ドメインは販売サイトで購入することは一般的ですが、良質なドメインを取り扱っているところを探すことがポイントです。
自分で探すこともできますが、それぞれの質を把握していて業者によってレベルが違うこともあります。
良質なドメインを取り扱っていなければ、質の悪いドメインを購入する可能性も出てくるので注意が必要です。
販売業者には良質なドメインを独自で仕入れして販売している業者や、オークションで選別したものを取り扱っている業者などが存在しています。
特に上位表示を狙うには良質なドメインでなければ、逆の効果を発揮してしまうので、逆にペナルティを課されることもあります。
価格は販売業者によって異なりますし、それぞれの質によっても異なるのでサイトを確認していきます。
中古ドメインの格安販売サイトを謳っている業者で、ドメインの質が悪い場合は元も子もありません。
中古ドメインを選ぶ基準として、良質なドメインを取り扱っているサイトに登録しておきます。
基本的に中古ドメインにはバックリンクがついていますが、それが多くてもバックリンクメインが少ないとドメインからたくさんの、リンクが送られてくる可能性があるので良質の域から外れてしまいます。
上位表示を期待しますが、質の良し悪しはドメインを使用してみなければわからない部分もあります。
基準として価格が高くなりがちですが、取得をするには信用ができる部分です。
目安は取得した後にすぐコンテンツを作成し、数日の間にキャッシュされると優秀なドメインだと判断されます。
1週間経ってもキャッシュされない時は、調節を行い販売サイトを見直します。
ある程度リンクがついているものを選ぶことが最善ですが、たくさんついているからといってもデメリットもありますので注意が必要です。
同じものから大量のリンクが出ているケースもあるので、被リンクとしての効果が薄くなってしまいます。
被リンクがトップページで割合として表示されていることもあり、それを調べることで選別の目安になります。
被リンクを目視することで公共機関や教育機関から被リンクが入っていると、良いということで価格も1万円を越してしまう傾向があります。
中古ドメインは確実にリンクをつけられている可能性がありますが、販売サイトを選別することで良いドメインを購入することにつながります。
販売サイトを間違えてしまうと、意味のないドメインを購入させられる傾向になりますし、価格は安かろう悪かろうで終わってしまいます。
販売サイトはたくさんありますが、しっかりと下調べをして利用することがポイントです。