• ホーム
  • 中古ドメインを効果的に使った方がSEOで有利になる理由

中古ドメインを効果的に使った方がSEOで有利になる理由

デスクトップパソコン

中古ドメインにはすでにドメインパワーがありますが、SEOに有利に働く力ということで、新しいドメインにはないものです。多くの場合は質の良いコンテンツを更新したとしても、検索エンジンで上位表示されません。中古ドメインではサイトを運営してからすぐに、検索エンジンにも影響があり、SEO対策で有利になります。ドメインを放置したのちにコンテンツを追加していくということは無意味で、定期的にコンテンツを投稿しているドメインが徐々に評価を得ていくというイメージです。
ドメインパワーの重要性は、多くのキーワードで上位表示されていることからこれが高いからです。そのほかの効果も期待できますが、中古ドメインは順位上昇に対してすぐに効果が出ます。運営歴も長いことが言えますが、ほかのサイトから被リンクをたくさんもらっていることから高いことがわかります。そのほかのキーワードでも順位上昇の効果があるので、ほとんどの確率で検索結果の1ページ目にあります。同様に順位上昇に見合っている強いサイトは、紹介する目的でリンクを貼ったりします。
内部リンクがしっかり整っていることから、安定した上位表示を継続することができます。上位表示が安定しているサイトはドメインパワーが高いためで、SEO対策でも有利に働くので必ず確認をします。被リンクが少ないサイトは不利だということになりますが、それだけが指標にはなっていません。ユーザーが求めている情報が効率よく入っていて、最新の情報に常に更新していることが大切です。オリジナリティやユニーク性が必要で、コンテンツの質も大きな指標となっているのでリンクが少ないサイトであっても質が良ければ評価されます。
Googleがこのような指標を出しているというわけではなく、外部ツールにて把握することが可能となっています。運営歴を長くしたりSEOの面で良い評価を受けることが必要で、ドメインが古いことが良いわけではありません。良いコンテンツを継続的に更新することが最も大切で、かつユーザーから見て有益な情報であるかも一つの指標です。サイトへアクセスを集めることは、ドメインパワーを上げることにつながりますが、アクセスを集めるだけとはまた違います。高めるためにユーザーがサイトに滞在する時間も大切で、求められている情報を更新することで向上します。さらに効果的に使った方がSEO効果を大きく引き出すことが可能です。