• ホーム
  • 中古ドメインの選び方で失敗しないための基準とは?

中古ドメインの選び方で失敗しないための基準とは?

ドメインエイジはその要素だけで、中古ドメインの質はわかりませんが意識をすることでSEO対策にも有利になります。ドメインの選び方は、ドメインパワーが指標となりますがドメインエイジも外せません。どのくらいの年数が立っているのかの基準を満たすことで、効果も出てくるので必ず確認をします。
1年未満は短い部類に入り5年から10年が長くなります。3年から5年の間は標準的となるので、大まかにドメインエイジの基準値を知っておきます。中古ドメインは基本的にドメインエイジが短いので弱かったり、長いから強いということはできません。対策として運用履歴があるので最適なスペックがあると考え、実際に取得するときにはドメインパワーだけにとらわれないようにします。中古ドメインを使用することでインデックスをされることは速くなりますし、ツールを使ってドメインエイジの長いものを選ぶことが可能です。
リスクを最小限にして効果のあるものを選ぶ必要があり、こだわることも理解する必要がありますが固着することは意味がありません。運用履歴を得ることでSEO効果を有利に働かせることが可能で、何年あるかを確認します。何年かだけで質を知ることができませんが、ドメイン選定のときに参考になっています。中古ドメインを選定するときは、たくさんのドメインをふるいにかけるように探すこともできますし、リスクを知るために使うこともできます。インデックスも過去に使われていた時のジャンルやペナルティが課されたことがあるかも指標の一つになります。万が一ドメインエイジが短いときは、サイトとして標準的に使用していなかった可能性もあります。その理由や手放すことになった理由まではわかりませんが、取得しても使わなかったことは確実です。
ドメイン名が特殊だったので転売するために入手し、手放したという可能性もあります。極端なものは例外となりますが、何かの問題点やリスクがあることも否定はできません。もしくは全く使用されていない新規ドメイン同様の状態で販売されているかもしれないので、どうしてもドメイン名に興味がある場合以外は、取得にリスクが伴うケースもあります。過去の運用履歴を調べても、サイトとして一般的に使用されておりさらにある程度の期間で使用されていたものは、サイトの内容・被リンクの問題も関係します。サイト自体は存在していてもあまり質の良くない運用がされていると、評価もよくなかったと推測され運用を途中でやめたケースもあります。

人気記事一覧