• ホーム
  • 中古ドメインの過去の運用履歴を確認してみよう!

中古ドメインの過去の運用履歴を確認してみよう!

中古ドメインは運用履歴がすでにあることがSEO対策の面で最大のメリットですが、それを調べるにはドメインを取得する前に確認して置いた方が良いです。過去のアーカイブを閲覧することができるツールですが、取得予定の中古ドメインの過去の運用履歴や、中古ドメインであるかどうかを知ることが出来ます。ウェブサイトが保存されているコンテンツを記事ごとに見ることもでき、過去のアーカイブで確認していき、それがあれば中古ドメインということが確定します。
クロールエラーを確認するときは、すでに使用しているドメインがどうかを調べることもできますが、確実にはわからないので注意が必要です。もし見たこともないようなURLの記載があるときは要注意で、以前の所有者のサイトURLという可能性となります。これらは全て以前の所有者のものではないので、必ず確認をしておく必要があります。
検索順位はSEO対策をとる中で大切ですが、スパムやブラックリスト載っている可能性があり、取得する前に調べておきます。ツールを使ってチェックをしていきますが、中古ドメインがブラックリストに載っているかを確認するもので、調べたいURLを入力していきます。ブラックリスト判定結果がSAFEと記載されていると、ブラックリストには掲載されていないことになります。評価結果を知りたい時に安全という表示を確認できると問題ない状態で、万が一過去に問題がありブラックリストに載っているドメインである場合、変更することが推奨されています。
良質のコンテンツを制作しても、一切検索エンジンにインデックスされないこともありますし、過去の運用履歴の影響が躊躇に出てきます。中古ドメインでもサイトが良質のコンテンツで、Googleから高い評価を受けている場合はそれとは反対の影響を受けることになります。このような良質な中古ドメインを利用しながら。
SEO対策をとっていくケースもあります。Googleから高い評価を得ていたドメインであれば、取得して運営するときから、すでに検索エンジンにインデックスされることになります。検索順位はSEO対策をとるにあたって、とても大切な部分なので必ずチェックしていきます。新規ドメインを使用する場合は過去の問題を引き継ぐことがないかわりに、検索順位に表示されません。表示されるまでには運営を始めてから半年くらいはかかるので、長期的に時間をかけて対策をとっていきます。