• ホーム
  • 中古ドメインに当たり外れはあるのか?

中古ドメインに当たり外れはあるのか?

パソコンとカップ

中古ドメインには当たりや外れがあると言われていますが、ドメインだけが要因だとは限らないと言えます。外れとされるドメインは、スパムや手動ペナルティが以前に課されているもので、この段階で外れと断定することになります。すぐにセキュリティソフトにて警告が出るドメインもあり、解除の申請をすると利用することができます。スパムドメインとしてすでに登録されていたり、手動ペナルティが課されていてブラックリストに載っているとその履歴が引き継がれます。
どれだけ良いコンテンツを作っても、全く検索順位に上がらないケースもあります。基本的に手動ペナルティを受けたものを購入して、ドメインを解除してまで使用するにはコストがかかりすぎます。解除される保証もなく初めから触れないことが一番とされている、中古ドメインになっています。アフィリエイトをする上でもこのようなドメインを使用すれば、デメリットばかりを引き継ぐのでよく調べてから利用します。購入してから利用する前にセキュリティに引っかかるケースもありますし、スパム・ペナルティがあるドメインは外れとされます。
利用する前にペナルティの有無を知る対策をしておくことが基本で、購入後にはツールを使って行います。選び方は様々ですが、評価を得るためには時間を無駄にせず利用前に行うことが必須です。自力で探してドロップキャッチをする場合は、複数購入することで当たりを引く確率が高くなります。
当たりの中古ドメインはもともと評価が良いので、サイトを運営し始めた時から検索エンジンでも上位表示されます。中には外れドメインであれば、納品された後でも返品対応をしているサービスもあります。このような対象法で対策を練りながら、できる限りリスクを回避します。アフィリエイトでドメインの選び方は特に決まっていませんが、ほとんどの場合ドメインには問題がありません。被リンクに不適切なものがあったり、品質に問題があるものもあります。運用開始をする前にも被リンクを確認しておくことで、メインサイトで使用するときのポイントになります。
被リンクを精査することは基本ですが、手動ペナルティはサーチコンソールで確認する必要があります。間違えやすいドメインのリスクを考え関連記事なども調べておき、運用開始をしてからインデックスがされると問題がないです。このようなドメインの当たり外れは、特に自分で探すときに当たりやすいリスクになります。