• ホーム
  • ペナルティを受けているドメインには注意しよう!

ペナルティを受けているドメインには注意しよう!

中古ドメインにはペナルティを受けているものがあり、そのようなものを購入してしまうとSEO対策の効果を発揮できないばかりか、逆にさらにペナルティを受ける可能性もあります。中古ドメインを購入するときにはコストがかかりますが、新規ドメインを取得するよりも中古ドメインを取得した方がコストがかかります。
スパムチェックや過去の運用歴にペナルティがないかなどを、販売サイトがあらかじめ確認しているので安心して購入することが可能です。購入した後にペナルティを受けても、決められた期日以内であれば返金保証を受け付けているサイトもあります。取得したらコンテンツを作成して使ってみるまで、どのようなリスクがあるかは誰もわからないようになっています。Googleでは手動ペナルティを課すケースもあり、新規のものと同様の価格で被リンクやドメインパワーのあるものを取得できます。そこには注意する部分もあり、ドロップキャッチで購入する場合は自己責任になりますが、購入した後にペナルティを受けたり、すでに受けている時は自分で対応しなくてはいけません。
業者を通して購入しておくと、これらの対応は全て業者が行ってくれるメリットもあります。SEO効果を期待していて無駄な労力を使いたくない場合は、サイトを利用して購入した方がメリットもあります。中古ドメインでは手動ペナルティを受けていて、悪質なスパムだったケースもあるので注意が必要です。購入したドメインが以前スパム判定を受けていこともあり、サーチコンソールでは表記されます。コンテンツの審査リクエストを送ることで、スパム問題が解決されている有無を知ることができます。
中古ドメインを購入してスパム判定を受けても解除するまで時間がかかるので、最終的に購入したドメインは自己責任で使用することになります。種類が豊富にあるので同様の方法で解除されることも少なく、それぞれに合わせて独自で対処していくことが最善です。GoogleでもSEO対策を意識していますが、このような作業を行わなくても予めチェック済みのものを販売しているケースもあります。リスクを最低限に抑えながら中古で購入すると、運用履歴も受け継ぐことになるのでメリットが多くなります。しかし一つ間違えると、サイト運営よりも手間がかかってしまうので、注意が必要でドロップキャッチよりは販売サイトから購入した方がリスクを避けることができます。